保活(保育園探し)を甘く見てはいけない!我が子を保育園に預ける方法

家族

最近よく聞く待機児童問題。夫婦共働きで生活する家庭なら、仕事の間は保育園に預かってもらいたいでしょう。
しかし、保育園には入園するための条件があります。保活(ほかつ)によって、保育園入園のための方法と、子育てに適した地域を調べましょう。

保活って何をすればいいの?

保活とは、子どもを保育園、とくに認可保育園へ入園させるために親が行なう活動のことです。
保活で行なうことは主に4つ。①情報収集、②地域選び、③産前の勤務時間の確認、④認可外保育園への入園をさせることです。

①情報収集

自宅や職場付近のエリアから保育園の情報を調べる

②地域選び

入園がしやすい地域の情報を調べ、場合によっては住み替えをする地域を選ぶ

③勤務時間の確認

産前の勤務時間がフルタイムであれば、入園選考の際にパート勤務の人よりも優遇されやすくなる

④認可外保育園への入園

認可外の保育園へわざと預けることで、入園選考で優遇されやすくなる

保育園に入園するための条件

認可保育園へ子どもを入園させるためには、2つの条件をクリアする必要があります。1つは、入園希望の保育園がある土地に住んでいること。そしてもう1つが、自治体から支給認定証を交付してもらうことです。

支給認定とは

支給認定とは、簡単にいえば自治体から保育のサポートが必要であるという認定を受けることです。認定は1号、2号、3号と区分されており、区分によって入園できる保育園が変わります。認定がされれば、認定証の交付を受けられます。

1号認定
年齢
年齢が3歳以上で、保育が必要ない子ども

入園できるところ
認可保育園ではなく、通常の幼稚園や認定こども園
男の子
2号認定
年齢
年齢が3歳以上の子ども。両親が共働き・疾病などの問題を抱えている場合、認定を受けられる
入園できるところ
保育園と認定こども園
女の子
3号認定
年齢
0歳から3歳未満の子ども。
両親が共働き・疾病などの問題を抱えている場合、3号認定を受けられる
入園できるところ
保育園と認定子ども園、地域型保育園
赤ちゃん

入園基準とは

我が子を認可保育園へ入園させるためには、入園基準についても把握しなければなりません。保育園によって基準は異なるものですが、ほとんどの場合基準指数と調整指数と呼ばれる数値を基準に評価しています。
基準指数と調整指数の合計数値が高ければ、入園基準をクリアしやすくなります。入園基準は地域ごとに異なりますが、中野区などの地域ではネットで基準指数や調整指数を公開しているため、保活を行なう場合は住んでいる地域の指数をネットで調べましょう。

100人待ちでもネバーギブアップ!待機児童になってからするべきこと

悩む女の人

待機児童になったら

基準指数や調整指数で満点に近い点を取っていても、入園を断られることがあります。我が子が待機児童となった場合、どのような行動を取るべきでしょうか。

まずは区役所に行こう

二人の女性

入園を断られた場合、まず向かう場所が区役所です。区役所では地域にある保育園の倍率を教えてもらえるので、比較的倍率が低い園を探して応募することができます。また、入園の嘆願書の内容をチェックしてもらうこともできるので、窓口で頼んでおきましょう。
最も肝心なことは、窓口の人に「復職できないと困る」という気持ちをしっかりと伝えることです。定員に空きができた保育園があれば、窓口の人が便宜を図ってくれる場合があります。

認証保育園や認可外の枠を押さえておこう

認可保育園はたくさんの人が希望するため、定員オーバーとなり待機児童となってしまうことも多くあります。しかし、認可保育園に入園できずとも、認証保育園へ申し込みを行なえば入園ができる場合もあるのです。
認証保育園へ予約申し込みをしている人の中には、認可保育園へも申し込みをしている場合があります。認可保育園の内定が決まれば、認証保育園への予約は取り消すことがあるので、定員に空きができる場合があります。

待機児童対策口コミ

  • 待機児童状態だった家庭でも、保活によって解決したという人は多くいます。一体どのような方法で解決できたのでしょうか。
  • エプロンを付けた女性
    「認証保育園に入れて働きつつ、認可へ希望を出していた」

    息子を認証保育園へ入れた時、共働きのほうが入園のポイントも高くなると人に聞いていたので、わたしは認可保育園にも希望を出したんです。そのおかげで、無事息子を転園させることができました!認可保育園に入れるなら、まずは認証保育園を狙うのが賢い戦略ですね。

    ウインクする女性
    「不服申し立てによって、
    市役所などで正確な自分の状況や困っていることを改めて伝えた」

    不服申し立ては公的にも正当な権利。ちゃんと行政にも意見は届くらしく、うまくいけば翌年からの入園申し込みで優位になる場合があるんです。ウチの子も来年から認可保育園へ通えるようになりました。こうした意見はしっかり言ったほうがいいのかも。

    ネットで調べてみよう

    東京都内には、中野区などのように待機児童対策を行なっている市区もあります。市区のホームページなどを参考に調べ、我が子を通わせる保育園を探しましょう。

    中野区は共働き家庭にオススメ!待機児童問題の解消に向けて積極的な街

    街中

    待機児童の問題を避けるためには、保育園へ入園しやすい地域への住み替えも効果的です。現在、待機児童の問題へ積極的に取り組んでいる街といえば、中野区。子育て世帯から注目されつつあるこの街は、一体どんなところなのでしょうか。

    中野区ってどんなところ?中野区の魅力

    中野区の評価

    中野区は東京23区の西側に位置する街です。立地もよい街であり、JR中野駅から快速に乗れば、新宿まで5分で着くことができます。区内には15の駅があり、南には地下鉄丸ノ内線、北は西武新宿線、都営大江戸線が走っています。区内のどの場所も、住むには便利な立地といえるでしょう。
    また、中野区は最近になり中野駅前を再開発しており、多くの不動産会社から注目を集めている土地です。「不動産のプロがおススメする街ランキング」では、1位の吉祥寺と2位の武蔵小杉に次ぐ3位となりました。しかし、「実は穴場な街ランキング」では堂々の1位を獲得しています。都心に近い立地に関わらず家賃や住宅価格はリーズナブルであることからも、住み替えをするなら狙い目となる土地なのです。

    中野区の待機児童の取り組み

    多くのママが気になるのが、待機児童への取り組みに関することでしょう。中野区は最近、待機児童ゼロを目指すために保育定員を1000人拡大することを決定しました。定員80名の認可保育園を8箇所、定員19名の認可小規模保育園を5箇所誘致する施策を取り決めたことから、ほかの地域に比べ私立の認可保育園への入園がしやすくなると期待されています。ほかにも、中野区は「南部すこやか福祉センター」を開設しています。南部すこやか福祉センターでは、乳幼児の子どもと一緒に参加ができる子育てひろばを利用できます。ほかの先輩ママとの交流を通じて、子育てに関するアドバイスを受けることができるでしょう。もし保活する中で中野区で物件を探すなら、ぜひ地元中野区内の不動産会社で地元の子育て情報も仕入れてみてください。